越後谷隆之製作ジーンズのこだわりや購入方法は?【クレイジージャーニー】

商品紹介

2019年5月8日放送【クレイジージャーニー】が密着取材したデニムアーティスト・越後谷隆之のこだわりやジーンズの購入方法をまとめました。

越後谷隆之製作ジーンズのこだわりや購入方法は?

情報元

番組名:クレイジージャーニー
放送日時:2019/05/08
テレビ局:TBS
MC:松本人志、設楽統、小池栄子
主な出演者:越後谷隆之(デニムアーティスト)

100年前のリーバイス501を完全再現するために奮闘しているデニムアーティスト越後谷隆之さんに密着取材をしました。

職人ではなく、アーティストを名乗っているのは、同じものを作らないというこだわりからだそうです。

リーバイス501とは?

最大の特徴はリベットという生地を補強するための金具が標準装備されたジーンズで、1890年の誕生から現在までのおよそ130年の間、マイナーチェンジを繰り返しながらも世界中で愛されるジーンズです。

希少なものはオークションで600万円で落札されたこともあります。

楽天市場でもヴィンテージのリーバイス501は50万円以上で取引されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

40’s LEVI’S リーバイス 501XX 片面 47 前期 デニムパンツ …
価格:537840円(税込、送料無料) (2019/5/9時点)

楽天で購入

 

リーバイス501再現のこだわり

越後谷隆之さんは1920年代以前のシルエットが太く、圧倒的な存在と手作業のニオイが残っているリーバイス501を再現するために様々なこだわりが紹介されました。

ミシン

道具に関しては強いこだわりがあり、できるだけ当時の道具を使いながら製作しています。

当時の多機能ではないため、1本のジーンズ製作に数台のミシンを使用しています。

特にシンガーの古いミシンが好きで好んで利用しているということです。

 

View this post on Instagram

 

Bowery Blue Makersさん(@boweryblue)がシェアした投稿

生地

デニムの生地はアメリカのコットンを日本の岡山にある工場で加工しているそうです。

アメリカでは再現することが難しい、100年前のデニムを再現するためにあえて粗い仕上がりにしています。

シワ

ジーンズにとって重要なシワ。特に股から太ももにかけてのシワをヒゲと呼んでおり、その再現をするために、ヴィンテージのリーバイス501を実際に解いて、縫い方を研究、再現したということです。

この小股の縫い方は企業秘密ということで、番組内でも撮影されませんでした。

購入方法

こだわりの多く詰まった越後谷さんのジーンズですが、「Bowery Blue Makers」というショップで販売されています。

一足50,000$~販売されているようです。

オンラインショップはこちら⇒https://boweryblue.com/shop

タイトルとURLをコピーしました